抜け毛シャンプーを使うことにより髪の悩みを改善できます。

健康的な髪

抜け毛シャンプーで抜け毛予防

抜け毛を予防して男性型脱毛症の進行を防ぐには、普段のスカルプケアや生活習慣の改善、最終的には発毛クリニックへの通院が必要になってきます。 普段自分でできるケアといえば、抜け毛シャンプーを使って行うヘアケア&スカルプケアです。抜け毛シャンプーは抜け毛が予防できるシャンプーの事で、育毛シャンプーとして市販されています。シャンプーは夜にするのがベストです。頭皮の毛穴を清潔にしておくと、夜寝ている時に髪の毛が生えやすくなります。逆に毛穴が詰まっていたり、シャンプーしたとしても睡眠を十分に取っていないと抜け毛の原因になる可能性があります。 抜け毛シャンプーを使用した後は育毛剤か発毛剤を使用するとなお効果的です。

発毛クリニックでのAGA治療

抜け毛シャンプーをしてヘアケアとスカルプケアをしても抜け毛が改善できない場合、発毛クリニックに行ってAGA治療を受けるという最終手段があります。 AGA治療は投薬治療や自毛植毛などがあります。投薬治療はAGA内服薬のプロペシアや、ミノキシジル配合の外用薬を使用する治療の事で、自宅でも簡単に出来ます。 自毛植毛は自分の頭髪の細胞を頭皮の中に埋め込み、発毛を促すことができる薄毛治療の一種です。自毛植毛は人工の毛や他人の毛髪ではなく、自分自身の毛根を使用するところがポイントです。しかも一度植えた毛根が上手く機能すれば、新しい髪の毛としてヘアサイクルを繰り返すので、ごく自然な仕上がりになります。自毛植毛はほとんどの発毛クリニックで行っています。

ピックアップ

男性が多い

薄毛など髪の悩みは男性が多く抱えている問題で、薄毛改善をする取り組みとして育毛剤や発毛剤の利用が代表的です。若いころから薄毛対策をすると将来トラブルになりにくいです。

普段のシャンプー

普通のシャンプーは刺激が強いので抜け毛シャンプーを使うと効果的です。頭皮はとてもデリケートなため、髪を洗うときも丁寧に行うことで抜け毛の戸ラブルになる心配もありません。

日常でもできる

薄毛対策はクリニックなどで治療をすることでも改善することができます。その他にも日常生活の中で早寝早起きや育毛剤の活用でも効果が期待できます。フィナステリドも薄毛治療として利用されています。

薄毛問題を解決

男性の中で薄毛問題を抱えている人は多いです。プロペシアやミノキシジルの成分は発毛促進に良いとされており、薄毛対策として活用されています。クリニックでは髪の悩みに合わせた治療薬を処方しています。